トップ > 事業内容

事業内容

港湾荷役業
1918年(大正7年)の創業当時から手掛けている事業で、長い歴史を持っています。
現在は西宮港に12,170uの野外保管場を有し、港湾貨物の保管や船舶への積み卸しを実施しています。荷役機械については51tラフタークレーンを常備し、機動力を活かした荷役作業をおこなっています。他にも2.5t〜3.5tのフォークリフトの配備や、当社敷地内に40tトラックスケール(計量器)を設置しており、お客様にとっても効率的となる体制を目指しています。
港湾荷役業
PAGE TOP
型枠整備・保管業
神戸市西区に整備工場兼屋内外保管施設(神戸機材センター)があり、ここを拠点として鉄鋼製品の整備・保管・入出庫作業をおこなっています。天井クレーンやホイストを配した整備工場には、ショットブラスト(鉄鋼製品表面処理機=機械内に入れた製品に対し、粒状の投射材を打ち付けて製品への付着物を除去する装置)を設置しており、お預かりした製品の塗膜、錆び、付着コンクリートなどに対する十分な剥離処理が可能です。更に、製品に対する塗料、防錆油の塗布や簡易加工、補修なども手掛けており、トータル的な作業を実施しています。センター内には1.5t〜4.5tの製品を吊ることのできる特殊フォークリフトを配備しており、機動的な入出庫作業をおこなっています。
型枠整備・保管業 ショップイラスト図面
PAGE TOP

メニュー

Gマークはトラック運送事業者の安全・安心・信頼のマークです。
詳細はこちら

グリーン経営とは、環境負荷の少ない事業運営を推進するためのものです。
詳細はこちら